« 新規の試みへ | トップページ | 人間中心主義の陥穽 »

2011年7月19日 (火)

油断大敵

20110717073752  深水がありすぎて今年の稲作はやや失敗か。クサネムやイナゴなどが発生し始めて、管理をより入念にしなければならない。稲の花が咲くお盆に向けて、修正できるかというところです。油断大敵、毎日通い詰めなければならない。

20110716181939  歴史は繰り返すのではないか。NHK連続テレビ小説「おひさま」の視聴率は好評のようです。戦前も扱って年配の視聴者を呼び返したこと、大震災の経験から悲喜交々の日常生活の幸せを噛み締められること、安曇野風景の美しさ、感情描写がメリハリのある台本力、さらに、「平成の高峰秀子」と絶賛される井上真央の演技力などが功を奏していると思う。嫁はんと二人で、「これ、ありえねぇ」とか、「ちょっと変」という筋書きや動作が評価することもありますが、概ね、好作品になっているようです。実は一方で、韓国ドラマの「イ・サン」も鑑賞しているのですが(なあ~だ、しっかりテレビを見ているじゃあねぇか、という皮肉は無視して・・・。というのは、若かりし日の一時期、演出家志望でありまして、ドラマには関心あります)、「イサン」の方が、目や表情に役者の旨さを感じざるを得ない。「おひさま」にはミスキャストの役者が散見してしまい、見続けるの辛いというのが正直な感想である。笑顔や希望には、人を動かす力があるということは言うまでもないが、それは同時に、事態を隠蔽する役目を果たす力もあるのである。そしてその力は、一つの世論と体制に従わせ、それ以外の考えや思想を持つ人々を無視したり、排外したりするあり方を想像させる。仔猫たちも、桜の木の下で、排泄をしながら見ています(笑)。

|

« 新規の試みへ | トップページ | 人間中心主義の陥穽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/40872986

この記事へのトラックバック一覧です: 油断大敵:

« 新規の試みへ | トップページ | 人間中心主義の陥穽 »