« 植え直しの一日 | トップページ | 国家の暴力性 »

2011年6月30日 (木)

見る、視る、観る

20110623075216  軒下に、母親猫(交通事故死)の遺児が居付きました。好奇心旺盛で人懐こい黒の子猫は、いつの間にか行方不明ですが、茶とぶちの二匹の子猫は盛んに動き回って、近隣の子どもも大喜びです。とにかく、ちっちゃくて丸くて可愛い野良猫です。小鰯を手にして近づくとニャーニャーとせびってくる。食い意地がはっているが、生きるためにはこの位でなくては生存できないだろう。どれくらい生き延びるか見守って生きたい。

31415291_2  いよいよ本丸のこの一冊。故福岡氏のスタンスは、人知否定と反科学である。その自然農法は、要約すれば、米麦(連続)不耕起直播(=冬蒔き緑肥草生米麦混播)である。また、その四大原則は不耕起、無肥料、無農薬、無除草である。彼の自然農法は人気があり、国内よりは国際的評価の方が高い。例の粘土団子法は、世界的に進行している砂漠の緑化に威力を発揮しているということらしい。しかし、高温多湿の日本の気候において、無除草というのはあり得ないと思う。収穫物を得んとすれば、農薬を投下しての除草は論外であるが、人力を介しての雑草対策は必要である。最近は、田畑を前にして、作業よりは観察がほとんどの時間を要している。見る、視る、観るである。

|

« 植え直しの一日 | トップページ | 国家の暴力性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業・農事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/40562100

この記事へのトラックバック一覧です: 見る、視る、観る:

« 植え直しの一日 | トップページ | 国家の暴力性 »