« 自(被)爆国ニッポン | トップページ | 農事を告げる桜 »

2011年4月15日 (金)

自然体で

20110415122924 所要もかねて近隣をサイクリングする。26度の真夏日の今日、桜が開花し始めました。桜前線が通り過ぎるのが見えました(嘘です)。川中島平では来週末が満開の見頃でしょう。そろそろ本格的な農業の開始です。昭和30年代までの農業は、ほとんどは手作業でしたので、過酷な農作業が12月まで連日続くのでした。川中島平の農業は、戦前は米麦二毛作と養蚕が主要で、戦後は麦作が廃れ出して米の単作になり、養蚕から林檎や桃の果樹栽培へと急変してゆきました。このため、梅→桜・杏→桃→林檎の花々が、ひと続き川中島平を彩ります。加えて、アブラナや野沢菜などの花が彩りを添えます。この頃が最も美しい時期です。当然のことながら、休日は外出することにしていますが、農業も追いまくられることになります。昨年度は米作に集中したので、今年は野菜作りに執着しようと企図しています。昨年は晩霜でしたが今年はどうでしょうか。農書を引っ張り出して読み耽るのも楽しいことです。しかし、春眠暁を覚えずという訳で、睡魔を催すと直ぐに横臥します。加齢につれて身体を養生しなくてはなりません。あくまでも自然体で。

|

« 自(被)爆国ニッポン | トップページ | 農事を告げる桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/39627166

この記事へのトラックバック一覧です: 自然体で:

« 自(被)爆国ニッポン | トップページ | 農事を告げる桜 »