« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

さらば、忍従の歴史観

20110425173824  眠くて仕方がない。夜勤明けで10時間ほどまどろんでみたものの、頭が重く、一向に寝た気がしない。寄る齢の所為なのかも知れない。酔生夢死の人生に終ることだろう。農事をしなくてはならないのだが、体のだるさに加えて、朦朧として気力が湧かない。再び横臥するしかない。どうにもならない。

32495178 小学校以来教えられたのは、瑞穂の国と表現されているように、稲作中心の日本史であり、そこには稲中心の農業観が占有している。その最も象徴的な歴史用語は石高制である。石高制とは、収穫高を基準とした土地の公定生産高であり、いわゆる太閤検地によって確立して近世の幕藩体制の基礎となった税制である。大概すると、それ以前は租庸調制や荘園制であり、明治以降は地租改正である。この本によれば、BC1000年頃(縄文晩期後半)水稲耕作が長江から朝鮮半島を経て九州北部に伝播して、BC500年頃(縄文晩期)本格的に日本で始まり、BC100年頃(弥生前期後半)東北地方まで普及したということである。しかしながら、日本農業はこうした穀物としての一種であるイネの重要性はさることながら、畠作物や商品作物などの開発と生産、副業としての稼ぎもまた、もうひとつ大事な視点であるということである。実際、米を作っているだけで何千年も日本人は食い繋いでいくことができただろうか。魚を採り、家畜を飼育し、畠作もし、副業もして百姓は生きてきたのである。こうした視点は、柳田国男などの既成の農業観を改めるには重要な考察である。農地にはりつけにされ、苛斂誅求に忍従するという農業(民)観は徹底的に訂正されなければならないと思う(つづく)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

農事を告げる桜

20110425141005  毎年この時期になると見物に来る近場の一本桜です。古墳に通ずる一本道の、見晴らしのいい場所にあります。誰も見ていません。振り返ると、近所の家でおばさんが一人、安穏と家の草取りをしているだけです。時間が止まったかのような空間で、枝を広げています。時折吹く風に花びらを落としています。真下に歩を進めると、桜色に身を包まれてふわっとした感覚にとらわれます。眼下には古墳時代からの条里制の田園風景が広がっています。春の長閑な雰囲気の中で、じっと眺めていたくなる一本桜です。日本人は桜が好きなのですね(我が家のソメイヨシノは六輪開花しました。当ブログでも桜の画像記事へのアクセスがこの時期に集中します)。ところで、庶民が桜を愛でる風習が興るのはどうやら近世のようです。江戸後期にソメイヨシノが誕生し、明治になると、学校・寺社の門前や川堤などに盛んに移植され、ぱっと散る潔さが戦争国家体制に利用されました。そして、いつの間にやら日本(人)の象徴にされてしまいました。通った小学校の門前にも桜の木があって、その前でクラスのみんなで撮った写真がセピア色で残っています。薪を背負った二宮金次郎の銅像もおまけについています。今その学校に行くと、当時の面影もなく、況や木造校舎や渡り廊下もなく、どこにでもあるような鉄筋校舎と舗装だらけの道があるのみです。給食室から食事の匂いもしない無機質の空間になってしましました。これは懐古趣味でしょうか。桜が散る頃に北信州での種蒔きが始まります。先ずはジャガイモの種芋を植えましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

自然体で

20110415122924 所要もかねて近隣をサイクリングする。26度の真夏日の今日、桜が開花し始めました。桜前線が通り過ぎるのが見えました(嘘です)。川中島平では来週末が満開の見頃でしょう。そろそろ本格的な農業の開始です。昭和30年代までの農業は、ほとんどは手作業でしたので、過酷な農作業が12月まで連日続くのでした。川中島平の農業は、戦前は米麦二毛作と養蚕が主要で、戦後は麦作が廃れ出して米の単作になり、養蚕から林檎や桃の果樹栽培へと急変してゆきました。このため、梅→桜・杏→桃→林檎の花々が、ひと続き川中島平を彩ります。加えて、アブラナや野沢菜などの花が彩りを添えます。この頃が最も美しい時期です。当然のことながら、休日は外出することにしていますが、農業も追いまくられることになります。昨年度は米作に集中したので、今年は野菜作りに執着しようと企図しています。昨年は晩霜でしたが今年はどうでしょうか。農書を引っ張り出して読み耽るのも楽しいことです。しかし、春眠暁を覚えずという訳で、睡魔を催すと直ぐに横臥します。加齢につれて身体を養生しなくてはなりません。あくまでも自然体で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

自(被)爆国ニッポン

20110404114843  昔、高校に自転車通学していた道を歩んでみる。この道路には人家があった覚えが。農免道路が拡張され、今では車が引きも切らず行き交っているが、この農家の屋敷(北信濃では、農家の家とその土地を「やしき」と呼ぶ。決して「立派で大きい家」を指している訳ではない)に植えられていた梅の木が、花綻ばせている。が、往時の人影は見えない・・・。

 農地を汚染されて、生産の手を縛られた農民や、陸地(おか)から海へと漁労ができない漁師の無念は、いかばかりだろうか。生きる手段を奪われ、憲法で保障された働く権利をも国家と東電に剥奪されてしまったのだ。『昭和の歴史』4巻、十五年戦争の開幕を読み進めながら、リベラル・エリート達や民衆が軍部の謀略と暴走を、さして反対と抵抗もなく許容するばかりか、侵略戦争の後押しまでして犠牲と被爆を体験したというのに、なぜに同じことを繰り返すのかと嘆息する次第である。当時もそうなのだが、今次も、突如としてのアメリカ軍による「ともだち作戦」というのも奇妙である。おまけに、垂れ流されたACの広告や、タレントやスポーツ選手を始めとする「がんばれ、ニッポン!」という大合唱にも閉口する。もっと謙虚に、人知れず支援してほしいものである。東北人の堅忍不抜さには常々驚嘆している(ここにも日本人の気質が顕現している)が、震災を契機とする前後の見境もない国家ナショナリズムの宣揚には気が滅入ってくる。ちなみに、上記の本の最後で、故江口圭一氏は、①マスコミの責任、②軍国主義の教育、③日本人独特の同質的=排他的国家意識、と回答している。次回は、③について考察してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

「想定外」?

20110404114259  田んぼにはいろいろな草花が生い茂り始めました。可憐なイヌノフグリ群は風に揺られています。本年の農事の準備をしなければならないので、出かけて見ました。福島原発より約250kmですが、予断は許されません。最悪ケースには、移住も視野に置いています。地震大国における原発の恐怖には、「想定外」はありません。少なくとも科学者は、そのような言葉を使用してはならない(科学者は自然を対象としているわけで、自然への畏敬なくして人知を慢心するような者は自然科学者ではない。近・現代人は余りにも人間や機械に依存しすぎている)。だから、東京電力や原子力安全・保安院や政府の会見を信用する国民は最早いない(いるとしたら、余程のおめでたい人である)。彼らの存在こそ最大の不安要因であり、風評被害の真因なのである。そんなに「安全」というならば、衆目を前にして、福島・茨城産の野菜や海産物を食べてみてはどうか。そんな勇気も持ち合わせていないだろう。自己保身亡者の成れの果てである。こうなることは「想定内」である。そうはいうものの、畦道をのろのろと歩を進めながら、今年度の農作を構想しました。

 とりあえず、『認知症の人の歴史を学びませんか』を読了し、『昭和の歴史』4巻と『歴史の中の里人たち』を併読する日々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

壮絶な転換期にあること

20110331170335  今回の震災で身にしみて分かったことは、政府や国会議員、御用学者の無能さであった。いざという時に役に立たない人間は、日常的には社会の「肉瘤」(レーニン)である。特に、東大出身の官僚や御用学者どもの罪は重い。即刻解体するべきである(70年安保・大学闘争用語で言えば、帝大解体である)。東大は大学予算の相当を浪費しているが、末々への見返りがほとんどない。東大にはまともな研究者がいないのは、その筋の人間には常識である。私が大学生の時にも、東大の研究者が洋書を買い占め、文献を独り占めして先に論文や翻訳して業績を誇示する話が漏れ伝わっていた。ましてや今日、灘高を始めとする私学高校出身者に独占される、親の年収1000万以上の東大生に期待することは全くないと言わなくてはならないだろう。日本は、文字通りの学歴社会になっていることを弁えている人はいない。政治家ばかりが二世・三世議員となっているのではない。また、報道メディアもそういう人間に占有されている。だから、デタラメと自己弁護に終始する見飽きた会見模様が映し出されているのである。自民党も無能であることも暴露された。戦後日本の価値観の総体的転換の時期に漸く到達したと言わなくてはならない。チャンスなのであるが、このままでは恐らく、漂流するばかりで無為に墜する可能性も大であろう。既成のクリスチャンは、このような日本人の価値観に全く関心がないか、独善的なのである。内村鑑三を乗り越えていないのである。内村の行動と言動は、まるごと信仰の証しなのであり、基督教徒になること、基督教徒であることの証しなのである。剣(つるぎ)としてではない統合=エキュメニカル運動に、どんな意味があると言うのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »