« ユダとは誰か | トップページ | 原発人災 »

2011年3月 1日 (火)

風雲急を告げる

20110227090620  いよいよ三月。風雲急を告げる、という状況で、やはり、長い冬眠から覚めなければならない。次々と撃破しなければならないので、今日はその準備のための休日である。が、息子はゼロックスカップ2011の観戦で横浜へ。フラッグタオルを眺めては悦に入っている。監督や友達に「最近、うまくなったな」と褒められて、やる気満々です。平日練習が皆勤賞です。まあ、この親ですから、スポーツ能力には疑義がありますが、何事も努力次第だから、見守りしていくしかない。好きなことをするのが一番いい。楽しまなくちゃ。ちょっと親として助言しますが、勉強の方も、よろしくお願いしますね・・・(笑)。

 世論調査協会によると、阿部長野県知事の支持率は83%ということだ。官僚出身の知事としては手堅いとは思うが、ますます長野県が魅力のない地方自治体になることは必至である。そつがないというのは面白くないということでもある。長野県民は官僚(お上)が大好きだ。天下り法人が多いだけではなく、県の行政指導や役人に対する意識と姿勢は尋常ではない。また、民間と県行政との関係は緊密で、例えば、企業名の頭に「長野」や「県」や「長野県」などとあれば、天下りを想像して間違いない。しかし、元々そうだった訳ではない。長野県民も余程のことを考えなければならない事態が来ると思っている。今や「教育県」という風聞は地に落ち、「観光県」としての魅力も消え失せるかも知れない。山紫水明だけが頼りになるのだけは避けなければならないだろう。

|

« ユダとは誰か | トップページ | 原発人災 »

信州学事始」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/39060670

この記事へのトラックバック一覧です: 風雲急を告げる:

« ユダとは誰か | トップページ | 原発人災 »