« 風雲急を告げる | トップページ | 世界的・地球的・人類的災害 »

2011年3月12日 (土)

原発人災

20110312114000  そろそろ取り出しました(写真参照)。被災地の皆様、衷心よりお見舞い申し上げます。何度も申し上げますが、地震の際はまず身の安全を確保するためにテーブルや机などの下に潜り込むのが鉄則です(ドアや玄関を開放するのは間違いです。安全を確保してからのことです)。津波警報には、高台を直ちに目指すのが鉄則です。余震が続いているようなので、常に冷静に判断することが肝心です。米などの救援物資を送りたいと思っています(古着や賞味期限切れの商品は厳禁ということです。また、意外に現金は喜ばれるそうです)。東北の人々の安否が気がかりです。

 省みるに、国家試験のために上京した時、東京駅のあさま新幹線ホームで見上げたり、車窓から風景を眺めていると、怖ろしい所に住んだり、生活しているな、とつらつら覚えました。場所は異なるとは言え、そんな思いが現実化するとは思いも及びませんでした。三陸や茨城県沖の地震では、最も悲惨なのは原発崩壊ですが、それはまさしく二次被害であり、人災でありましょう。政府の原子力政策が批判されるべきです。原発の安全性が確保されていないのではないか、という疑念だけではなく、原子力エネルギー確保による資本主義体制にあくまでも反対という立場です。自然から収奪し破壊し、人類を滅亡まで駆り立てるこの業悪な資本主義に反対です。利潤追求が至上命題になり、人々に戦争と貧困による阿鼻叫喚をもたらします。故に帝国主義などは、自らの核の手中と他国の保有を許さず、飽くなき戦力の競争に嵌ります。反自然であり、反人類の原発に反対です。また、東北大地震による「反動と窮乏意識との握手」だけは、御免被りたい(これこれ参照)。

|

« 風雲急を告げる | トップページ | 世界的・地球的・人類的災害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/39202165

この記事へのトラックバック一覧です: 原発人災:

« 風雲急を告げる | トップページ | 世界的・地球的・人類的災害 »