« 冬眠から覚めて | トップページ | 風雲急を告げる »

2011年2月15日 (火)

ユダとは誰か

20110214191440  久しぶりに飲みました。だから今、少し睡魔と頭痛がします。またまた自堕落な生活が復活しました。今夜は全国的に雪降りで、静謐な夜です。巷間ではバレンタインデーということで賑やかなことであろうが、我が家は素っ気無くも就寝体制に突入しております。

 と、ここまで書き込んだら眠ってしまいました。今朝から雪かきの音が聞こえ、自分はコタツに入って雑用をしていました。やはり、寝たり起きたり、食べたりと忙しく(どこがじゃ。笑)一日を過ごし、嫁はんに怒られました(笑)。二次試験が終るまで我慢してね、と思っております。最近、大分お怒りのようで、夫婦の会話も少なくなりました。やることやって、気も使っているのですが、理解されていないようです(苦笑)。合間に、『ユダのいる風景』を斜め読みをしています。何千年にわたる西欧のキリスト教文化は、キリスト者にイスカリオテのユダ(ユダヤ人)憎悪を刷り込ませてきた、という問題意識の本である。その影響で無視された負の面に言及している。結論と批判は次回ということで、この本と平行して上梓された聖書学の学問的(方法論的)論及には、『ユダとは誰か』がある。聖書と原始キリスト教を読み解くことは、混迷の現代に生きる我々(キリスト教徒にも)には火急の課題ともいえるだろう。

|

« 冬眠から覚めて | トップページ | 風雲急を告げる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/38873462

この記事へのトラックバック一覧です: ユダとは誰か:

« 冬眠から覚めて | トップページ | 風雲急を告げる »