« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月17日 (水)

グローバリズムの波高し

20101115152921  毎日が渋柿剥きと勉強に追われ、体調的には苦しい日々が続いています。昨夜は、9時間も夢の世界に浸っている始末。目脂が多く、顔も歪んで動物らしくなりました(笑)。寝具も変わったので背中の筋が痛い。そんな訳で世俗のことには疎い。グローバリズムの波高し、という日本の現状のようです。アホらし、今更、と思うだけで、再び寝ることにします(笑)。

 根本的な思索が必要な時代です。ただただ非難応酬してばかりの国会論議、偏向と誘導に明け暮れる報道メディア、我執と欲得に終始する知識人、猥雑と低俗な雛壇芸能人、直対応するだけの業界団体など、人心を惑わす材料に事欠かない情勢である。声高のナショナリズムも胎動しているようである。手段的な生き方の隆盛や法治国家としての資本主義社会の呪縛の中で、人々は避難したり、逃げ惑ったりしているとしか見えない。何が問題なのか、どういう問いを定立しなければならないのか、いま一度、歴史を振り返りながら考察すべき時期である。それぞれがこの課題を疎遠にしているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

体調不良につき

20101106165744  おいおい、物騒ですなぁ。写真は地元で催された恵比寿講での出店、「射的」に挑戦する息子です。市(いち)が立つと必ずやってやがる(笑)。よく見ると、出店の兄ちゃんの顔にはどこか見覚えが・・・。あちこちで子ども相手に商売していやがる、と苦笑。一万円札を的(まと)にするなって。絶対落ちないようになっているんだって(笑)。

20101103185201  このところ、頭痛からくる体調不良が続いている(罰が当たったか。例年、年末年始に向けて大病になることがあるので注意しているのだが)。仕事以外は、寝ているか読書などで勉強しているかのどちらかである。世俗では、ビデオ流出やTPPで、マスコミや政治屋とその尻馬に乗った者どもが大騒ぎしていますが、どこかの国のシナリオ通りということでスルーしております。こうなるのは分かりきったことでありまして、(シナノゴールドと好物の甘納豆を頂いてからdelicious)ただひたすら、寝ることにしますsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

ブロック化へ

20101103113314  何の保障もなくTPPへの参加ということで、民主党政権は崩壊への舵を切ったようです。あな恐ろし。ブロック化への一里塚になるか、行く末が注目される。官房長官といい、外相といい、戦略的見地がない。松下○○塾出身は信用がならない。裏切り者は、坂道を転がり落ちるという構図である。だから、教育は大切なのである。民草と繋がらない政治家は要らない。君たちは、以下の問題からやり直しなさい(笑)。

小学五年生国語問題プリント 第三十四回(25、62ページまで)

   やった日 (   )月 (   )日 

         名前 (        ) 

一、ぼう線のひらがなを漢字で書きなさい。

 一、すっからかん      (     )

 二、漢和じてん       (     )

 三 のどからしょくどうへ  (     )

 四、よいきょうくんとなる  (     )

 五、だえきがしょうかを助ける(     )

 六、漢字のかくすう     (     )

 七、けんぶんを広める    (     )

 八、春のめばえ       (     )

 九、働きがかっぱつになる  (     )

 十、こきゅうきかん     (     )

二、次の文をよく読んで、質問に答えなさい。

 敬語には、相手(や話題の人)のことを敬う尊敬(そんけい)語自分(や身    内)のことをけんそんするけんじょう語ていねい語との三種類があります。

「お」「ご」+「~」という言い方の敬語にも三種類あります。

     尊敬語の「お」や「ご」は、相手の方のことや動作(の前)に「お」や「ご」をつけたり、終わりが「~になる(くださる)」という言い方です。たとえば、先生が絵をかきになる、の「お」。

     けんじょう語の「お」や「ご」は、自分の方のことや動作(の前)に「お」や「ご」をつける言い方です。たとえば、先生に見せする、の「お」。

③ ていねい語の「お」や「ご」は、自分のことでも相手のことでもない)

物や物事の(前に)「お」や「ご」をつける言い方です。たとえば、米、の「お」。

それでは、次の文のぼう線の部分で、尊敬語には①、けんじょう語には②、ていねい語には③と入れなさい。

ⅰ(   )政治家のバカさん

ⅱ(   )どうか無事で。

ⅲ(   )卒業おめでとうございます。

ⅳ(   )使(つか)いに行く。

ⅴ(   )宅(たく)にうががう。

ⅵ(   )明日の午後、伺(うかが)いします。

ⅶ(   )昨日のことを報告します。

ⅷ(   )教頭先生のからだ。

ⅸ(   )赤ちゃんの守りをする。

ⅹ(   )校長先生に伝えください。

三、一でまちがった漢字を、(裏も使って)それぞれ五回書きなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

『消費税のカラクリ』

32452177  「自民党が消費税3パーセントを導入したとき、私は自分が多少不安だったが、まだ若くて働くことができたので何もしなかった。

 ついで自社さ政権政権が崩壊して自民党が消費税率を5%に上げたとき、私は前よりも不安だったが、福祉目的のためなら仕方ないだろうと思って何もしなかった。

 ついで財政赤字論だの社会保障財源論だのという理由で消費税を上げようという攻撃がなされた。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

 民主党は、自民党のように、ついに消費税10%を公言し始めた。私は年老いて働くことも儘ならず、食べるのにも困ったので行動した--しかし、それは遅すぎた。」(M・ニセニーメラー、『彼らが最初消費税を導入したとき』)

 このような悔恨をしないために、『消費税のカラクリ』を知っておくことは大事なことだ。富の移転だけでなく、戦争財源でもあるのである(デフレ不況でどうにもならぬ国もあり、某国も戦争を渇望しているし、むにゃむにゃsleepy・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »