« 農業の行く末 | トップページ | 『消費税のカラクリ』 »

2010年10月24日 (日)

夜逃げの時代

20101022154215  ひこばえが伸びています。今年の農事も終りです。お百姓は、自然の摂理のためにのんびりと終了しますが、日本の行く末には、中国のことも含めて、あれやこれやの評論と議論があるようですが、ほとんどは意味がありません。こんなんで進行するのやな、という思いです。今朝、近隣のゴミ掃除がありましたが、寝坊して出不足料が徴収されそうです(徴収することそのものが違法行為で、徴収人は犯罪人です!)。地域で生きていくためには、ここ信州に限らず、税金だけと思っている諸人がいるようですが、それだけではありません。とことん収奪される構造があるのです。地域で農業貢献があっても、それは評価されません。貧しいものがとことん収奪される構造があるのです。消費税の論議がありますが、肝心なことにメスが入ることはありません。この間、就職氷河期(1993年から2005年までの世代)の青年と話す機会がありましたが、彼の不満には生活の不安が言葉の端々に滲み出ていました。彼はとても穏やかな性格なので、それだけに逆に彼の世代の人達の恨みと辛みが感じられました。抜擢もなく、20代の無為の人達に引き継がれる無念の思いを聞くこともできました。持てる人が益々貧しいものから搾取・収奪する構造は変わりはないでしょう。だから、諦念するしかないのですが、それに踏み込んで、収奪されないための生活時代を庶民は志向するしかないと思います。福祉・医療のための財源論として消費税論議が喧伝されていますが、消費するのに何故税金が賦課されるのか、という根源的疑問に対する正当の答えがないのにも関わらず、更に消費税が福祉等に割り当てされていない冷厳な事実には、庶民はどうしたらいいのでしょうか。夜逃げしかありません。

|

« 農業の行く末 | トップページ | 『消費税のカラクリ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/37368498

この記事へのトラックバック一覧です: 夜逃げの時代:

« 農業の行く末 | トップページ | 『消費税のカラクリ』 »