« 中干しと雑草(怠惰)対策 | トップページ | 生物多様性とは何か? »

2010年8月 2日 (月)

この子にしてこの親あり

20100802062928  息子の国語(の基礎)力にかなり問題を感じましたので、毎日、国語プリントを課しています。『コロコロ』やゲームやテレビばかりに頭が専有されているからか(笑)。しかしながら、これが青少年の一般的様相だと思う。それでも毎日一枚プリントをこなしている。これだけは偉い(笑)。親父はと言うと、やっぱり、午睡などをしてダラダラと一日を過ごしている(笑)。この子にしてこの親あり、ということか。皆さんも国語プリントに挑戦してくださいね。

小学五年生国語問題プリント   

    第六回(25~28ページ)

     やった日 (   )月 (   )日 

     名前 (            )

一、ぼう線のひらがなを漢字で書きなさい。

 一、サクラソウのぐんせいち (     )

 二、やせいの草花      (     )

 三 しそんを残す      (     )

 四、花のじゅふん      (     )

 五、そうしゅんの里山    (     )

 六、虫のかんさつ      (     )

 七、口のまわり       (     )

 八、開花のじき       (     )

 九、原因とけっか      (     )

 十、秋のふうぶつし     (     )

二、次の文を読んで、質問に答えなさい。

 話したり、手紙を書いたりするとき、相手に対して敬いの気持ちを表す言葉を敬語といいます。敬語には、ていねい語けんじょう語尊敬語の三種類があります。

  ていねい語は、「です」、「ます」、「ございます」などのように、ていねいな言葉づかいの敬語です。また、もちやちそうのように、物や物事に「お」や「ご」をつけて、ていねいに言う言葉づかいも、ていねい語です。それでは、次の文のぼう線の部分で、ていねい語には○、ていねい語でないものには×を付けなさい。

①(   )あの山から、海がみえます

②(   )先生がまもなくいらっしゃる

③(   )わたしが田中です

④(   )ごあいさつを申し上げます。

⑤(   )米を食べる。

⑥(   )先生に見せします。

⑦(   )正月

⑧(   )わたしが田中でございます

⑨(   )お目にかかる日が楽しみです。

⑩(   )正月のぞうに

三、一でまちがった漢字を、(裏を使って)それぞれ五回書きなさい。

四、『蜘蛛の糸』(ポプラポケット文庫)P4からP6、2行目までを音読しなさい。

| |

« 中干しと雑草(怠惰)対策 | トップページ | 生物多様性とは何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この子にしてこの親あり:

« 中干しと雑草(怠惰)対策 | トップページ | 生物多様性とは何か? »