« 『究極の田んぼ』 | トップページ | この子にしてこの親あり »

2010年7月29日 (木)

中干しと雑草(怠惰)対策

20100729074353  川中島白桃が収穫間近になりました。田畑の観察のためにミニサイクルでの散歩途中のことです。桃が赤く染まりつつあります。桃の栽培にも挑戦したいが、これは今後の課題。周囲の田んぼは、「中干し」の時期になって、うちのそれは今日から水抜きです。が、意識的に中干しをする気になっていません。確かに、①酸素供給による根張りで倒伏防止する、②無効分けつ発生の抑止、③土中の有害物質の排除などの理由で、慣行農法では常識です。しかしながら、田んぼの生き物は死ぬか、消え失せます。そのため、少なくとも羽化と成長後となるでしょう。一説によれば、倒伏するかしないか程度の実りが丁度いい、ということもあります。様子を見ながらどのようにするか決めます。もう一つ苦慮しているのは雑草対策。この時期、雑草はあっという間に蔓延ります。カエル、クモ、赤トンボなどの益虫VSウンカ、カメムシ、ツトムシなどの害虫ということを念頭に、畦の雑草対策です。それにしても、田植え後に除草剤を一度だけ撒いたが、その威力に驚きます。近隣の田んぼには、大きな雑草は一本も生えていません(うちのそれには少し見える)。だから、40年前と異なって、浸水の田んぼの中に一度も入らずに収穫を迎えるのです。背中に灼熱の太陽の日を浴びながら、腰を曲げて(ために腰の曲がった老婆をよく目にしたものである)の雑草取りの大変さは、経験した者でなければ分からないでしょう。

 塾で国語と英語の講師をした経験もあるので、息子の夏休みの怠惰防止対策として、国語プリントを作成することに決めました。早速、今日から課題を突きつけました(笑)。

|

« 『究極の田んぼ』 | トップページ | この子にしてこの親あり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食と農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/35941530

この記事へのトラックバック一覧です: 中干しと雑草(怠惰)対策:

« 『究極の田んぼ』 | トップページ | この子にしてこの親あり »