« オトコの介護 | トップページ | 田植えの準備 »

2010年5月29日 (土)

沖縄とは基地である

20100516152118   沖縄について少しく言及してみよう。この間、現政権において、焦点となっている普天間基地問題である。結局、辺野古「移設」というブーメランとなり、これは沖縄県民の怒りに更に火を点けるだろう。アメリカ帝国主義の哄笑が聞こえてきそうである。事態は筋書き通りになっているからである。基本的に、アメリカの政治戦略はパワー・ポリティックスである。おそらく、日本の孤立化を目論み、東アジア情勢においてそのプレゼンスを誇示することが狙いであろう。おまけに、日本を組み敷いて無償の軍事的支援が得られるという強欲まで付いている。日本の保守反動やネトウヨの意見や考えは、飛んで火にいる夏の虫とまでに余裕のアメリカである。アメリカは沖縄を手放さない。これを手放したら、それこそ(アメリカにとっての)安全保障の問題に直結し、ひいては、佐世保や岩国という前線基地を失うことにも繋がる。「沖縄病」に罹患した本土出身者を沖縄県民(ウチナンチュー)は何と呼ぶか。やや軽蔑したニュアンスを含めてヤマトンチューと揶揄する。青い空、青い海などと風光明媚に憧れて沖縄に住み着き、余生を満喫するなどという某は度し難いヤマトンチューである。その昔、そんな沖縄フリークに、「あなたにとって、一言で言えば、沖縄とは何ですか」と尋ねたことがある。彼は三線を習い、何度も沖縄に通い詰めて、沖縄通であったが、返答に窮したのである。また、職場の一人が、ニュースを見ていて「基地で働く人もいるし、それで生活している人もいる。仕事場が無かったら困るんじゃねえか」と無駄口を叩いていた。沖縄についての無知と無関心を露呈するものである。沖縄の経済は、今では基地に依存していない。ほとんどは観光収入である。米軍基地の存在は、むしろ沖縄の発展を阻害しているのである。歴史的に、沖縄は貿易の中継基地として発展し、現在では最も人気のある観光地である。また、文化的にアジアの文化中継基地として進展が期待される。そうした基地としての沖縄が、米軍のアジア戦略基地として、沖縄と沖縄県民を苦しめている現実が露になっているのである。良くも悪くも、沖縄とは基地である、というのが結論である。そして、この軍事基地を撤去することが日本政府の役割であり、日本人が成し遂げなければならない課題であり、これへの無知と無関心のあり方そのものが沖縄差別の正体であることは言うまでもない。一体、誰が、何が平和の敵なのか。もう一度、自省しながら考えてみたいものだ。

|

« オトコの介護 | トップページ | 田植えの準備 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/34926602

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄とは基地である:

« オトコの介護 | トップページ | 田植えの準備 »