« 超越論的哲学 | トップページ | 内村鑑三という人 »

2010年4月 6日 (火)

千々に乱れる思い

20100403115646  ボケの花ですな。遠景に冠着山(姨捨山)が見えます。川中島平に生活していると、お日様に顔を向けると、この山が視界に入る。と同時に、少しく閉塞感を感じた少年時代でした。「おてしょ」(川中島方言で、小皿の意)の中にいる感じ、または井の中の蛙という感じ。里山の美しさもいいのだが、ちょっと気が滅入る思いもする今日この頃です。

 つい先程まで「報道ステーション」を眺めましたが、報道メディアの劣化は酷いですな。特に、古館のものは最悪です。本質を突くのでもないし、ぐちゃぐちゃ意味のない解説が多いし、クダラナイ情報が垂れ流され、国民の真意からズレまくっています。これなら「Zero」の方がマシ。昨夜、思いがけなくNHKスペシャル|アフリカン・ドリーム第一回を視る機会がありました。眠たい目をこすりながらでしたが、大要は、虐殺を乗り越えて、経済復興の目覚しい「ルワンダの奇跡」をディアスポラという視点から分析した番組でした。一度、アフリカに行ってみたいなあ。昔は、モンゴルの平原に寝転んでみたいという願望がありましたが、司馬遼太郎と朝青龍の所為で、嫌になりました。今では、断然、アフリカです。

|

« 超越論的哲学 | トップページ | 内村鑑三という人 »

アフリカ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/34110427

この記事へのトラックバック一覧です: 千々に乱れる思い:

« 超越論的哲学 | トップページ | 内村鑑三という人 »