« 被害危惧種 | トップページ | 想像力欠如の時代 »

2010年4月23日 (金)

介護の防波堤

31831731  どうやら自費出版のようである。ホームヘルパーは、国家資格ではなく修了資格であって、社会的には余り評価されていない。だが、高齢者や障がい者の自宅において実際的サポートする介護従事者であり、訪問(居宅)介護員とも呼ばれている。全国に約15万人が携わり、ヘルパー資格者はその内約10万人である。ヘルパーの社会的地位の低さと処遇の悪さのために、ヘルパー資格修了者は多いのに拘らず、訪問介護従事者は漸減傾向にあるらしい。そこで、在宅介護に約16年間関わった人の考えに傾聴すべく、読んでみました。全編を通じて利用者に対する愛情溢れる内容になっている。それも、「一つの考え」「私見として」(p4)と断った上で、経験から生れた教訓に満ち満ちている。老人介護の現実はどうなっているか。当事者は、「人の手を煩わすことの申し訳なさと自分自身の情けなさとが重なって、何事にも意欲をなくし生きる希望を失」い、「自分らしく」も「人間らしく」もない(p66)。著者の施設経験で「驚愕したのは、・・・車椅子に掛けたまま、何を待つでもなく、楽しみもなく、ただじいっと時間を過ごす」(p183)現実であった。寄り添う介護ではなく、仕事に追われ、流れ作業的に利用者に指示し命令する本末転倒したものであった。介護をビジネスとする人ほど、現場の介護従事者の疑念やわだかまりに気が付かない。無論、制度化された施設介護には、「団体行動の生活の厳しさ」(p190)があるのだという意見もあるだろうが、本当のところは、人間(老人、障がい者)に向き合うのが恐いのである。恐いから目前の仕事に専心して誤魔化そうとしているのである。だから、利用者とのコミュニケーションが重要と指摘されていても、声かけ(≠コミュニケーション)はしても話は表面的なものを繰り返しているばかりなのである。このことが分からない人が介護業界には多い。また、過度に関わって利用者を弄んでいる人もいる。人の間には距離も必要なのである。この本を読んで、もう一つ教示されたのは、「介護にはベテランは存在しない」(p194、140)ということである。だから、「そう簡単に介護の仕事ができるわけではない」(p196)。介護者の人間そのものが問われる仕事であるということである。そういう中で、多くの女性たちが誇りを持って奮闘している訪問介護を忘れる訳にはいかないのである。

|

« 被害危惧種 | トップページ | 想像力欠如の時代 »

介護・医療」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/34349328

この記事へのトラックバック一覧です: 介護の防波堤:

« 被害危惧種 | トップページ | 想像力欠如の時代 »