« 司馬文学について5 | トップページ | 養生の一日 »

2009年11月29日 (日)

司馬文学について6

20091128103538  キャベツと野沢菜(奥)が育っています。人のうちの畑を写してみました。季節は晩秋から初冬へと変化しております。通院やら来年の手帳を購入したりと野暮用をこなしました。

  『信州佐久平みち』の冒頭から、「私は、信州については知るところがない」「その土地へは行ったことがない。信州そのものも知らない。第一、信州へは大阪からどう行けばよいのかについても、知るところがなかった」と与太を飛ばしている。それでも、紀行前に「三週間ばかり」勉強したようだ。そして、信州の景観から、シナノの由来を坂もしくは山の斜面説を唱えている。よほど坂がお好きのようである。司馬は信州についての無知を吐露しているとは反対に、信州評を随所で散りばめている。「一茶がよろこんだ信濃の風土」(これは定説・事実に反している)、「律儀者のすきな信州人」、真田昌幸=代表的信州人、「信州人は勤勉で律儀で、他人の朝寝の自由など頭から認めてくれない」などと論じ、信濃国分寺址を訪問すると、「往年、自分の環境を守ってきた信州人の姿勢は、どこかで崩れはじめている」(p500)と難詰する。よほど癇に障ったようである。その地に赴くと、司馬は必ず国分寺址を訪ねるという。素っ気無い址を眺めて、信州人を「がさつ」と評している。後は、司馬の本性が現れた文章展開になっている。司馬には「大衆」や「商業主義」がお気に召さないようである。それに反して、軽井沢(のホテル)にはいたくお気に召して、泥酔する。そして、肝心の「御牧」はそこそこに、『枕草子』の中で清少納言が別所温泉や望月の御牧を高く評価したように、その古代人の風評の所以を探ることもなく、旅路を打ち切る。まったく、駄作ともいうべき紀行であると言わねばならない。おそらく、佐久平は古代人にとって北方侵略の最前線基地であったであろう。憧憬と繁栄の地方柄だったのである。信濃は麻布と馬の供給地であり、佐久平はその要であった筈である。中世には郷党や真田一族などの活躍があり、江戸末期においても、寺子屋と百姓一揆の多さでは随一であって、民衆の次元から明治維新を準備した土地である。明治以来も、農民・無産運動やアナーキストの抵抗運動(南澤袈裟松など)が根強い。二・四事件では、農民・労働者が弾圧され、東信地区の大衆運動は壊滅されている程なのである。これ以上司馬について言及するのは止めることにする。何の関心も興味もないし、読みたいとも思わない。封印しておきたい作家である。付言すれば、司馬文学は、まことに得手勝手で、史家と認められないし、「偏頗で奇妙な」(司馬の常套句である)それと断じなければならないだろう。

 

 

|

« 司馬文学について5 | トップページ | 養生の一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/32410085

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬文学について6:

« 司馬文学について5 | トップページ | 養生の一日 »