« 「山々だ」 | トップページ | お籠り »

2009年4月30日 (木)

『生きるなんて』

20090430104630  快晴の一日。散歩をしてみました。ツバメが旋回して、セキレイやスズメなどが忙しく立ち回っています。リンゴの花が咲き、紫蘇が栽培されています(画像)。カラスノエンドウやアヤメや桐の花など、赤または青紫系の花々が咲き誇っています。庭木には、白やピンクのハナミズキが多いですね。道草は、ヒメオドリコソウやヒナゲシなどの1960年代以降の帰化植物が繁殖し、下草が埋め尽くされているリンゴ農園もあります。一回周遊するだけで、驚き桃の木、山椒の木と言うところです。もう歳なんだから集中力で勝負だあ、ということで、他のことは捨て置く。世界的に蔓延の兆しという豚インフルエンザのことも知らない(笑)。『生きるなんて』のキーワードは、「自我の確立」と「自立した人間」である。安逸に生きている人間にとっては、身も蓋もないので放置するのが得策である。「時間なんて」の章で、「生身の人間の脳の力は、・・・一日に二時間が限度である」と教示して、その二時間に備えるためには、睡眠である(p36~37)と教示している。一日16時間も起居している自分の生活は、やっぱりオカシイと思っていたのだ、やっぱり寝るのを趣味としていた(プロフィールへ)のは間違いがなかったのだと納得して安心したものである。各章で「○○なんて」というように組み立てされているが、その言葉に続く文言は、「たやすい」であろう。が、さらに続く文言があるのであって、それは読者自身が推察するべきものである。それは完全に読者に任せられているのである。

|

« 「山々だ」 | トップページ | お籠り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
今朝はこちらも寒いほどでした。

記事を読んで美しい自然が目に浮かびます。こちらにはリンゴの木とかないので、信州で初めて見たとき、花が咲いていると間違えたことを思い出します。

「生きるなんて」おもしろそうですね。丸山健二さんユニークな作家で信州に住んでありますよね。「自我の確立」、「自立した生活」、ほんとにそうなのでしょうが、わたしもほど遠いようです(^_^;)

わたしのサイト、談話室のようなものも設置していますので、よかったらお気楽におこしください(*^_^*)

投稿: KOZOU | 2009年5月 8日 (金) 15時33分

KOZOUさん、ご訪問有難うございます。信州の自然が美しいのか否か、詳らかに分かりませんが、短期間に一斉に咲き乱れ、百花総覧であることは確かのようです。端境という地形的特色もあります。南部(南信と云います)では、お茶やミカンも生産されるのですよ。これには、地勢的、気候的影響があります。KOZOUさんの地元、福岡のことは、実はよく知っております。嫁はんの帰省で付いて行くので(笑)。遠く信州まで嫁として来ていただきました(嫁はんには苦労かけています。苦笑)。インターの降り口を間違えて、太宰府まで行っちゃったこともあるんですが。ブログでは北信州のありのままを発信してゆこうとも思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。コメント、有難うございます。

投稿: ぼけなす | 2009年5月10日 (日) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/29365454

この記事へのトラックバック一覧です: 『生きるなんて』:

« 「山々だ」 | トップページ | お籠り »