« 『認知症を生きるということ』 | トップページ | 変な話 »

2009年2月28日 (土)

邯鄲の夢

20090224105157 冬は結構好きなんですよ。寒いですけれどね。荒涼として静かに佇む湖面。そんな訳で、温泉に向う車を止めて、携帯カメラをパシャ。楽しく愉快なことよりも、こうした場面で気持ちが落ち着くのは寒地育ちだからだろうか。庭には、引っ越し祝いで植え込んだ桜の芽が膨らみ始めている。

 息子は、今日からサッカークラブの体験入団でお出かけ。その後、ボールやら、ウェアなどの用品やらの買い物で、またお出かけ。既に、スイミングスクールに通い続けているのだが、これに加えて、行きたいという本人の希望に副って嫁はんも動く。その間は、私はグーグーと惰眠を貪る(笑)。スポーツニュースを視ると、この所野球やゴルフの話題が多い。全然関心がない(キッパリ)。大嫌いなスポーツである。無駄に年を重ねた所為かも知れない。健康志向も余りない。また、小学校では英語が教科となるらしい。「なるらしい」というのは、学年便りを一瞥するだけで、何の教育的配慮がない親だからである。子どもの教育に熱心な親は多いらしい。だから、水泳にサッカーに塾にと、ますます子どもは忙しくなる。余計なことを考えていたら、当の私のように、シガナイ人生に終るからである。しかしながら、人生って人が生きてゆくことであり、そのための食い扶持方法を教えることが義務教育であろう。皆が皆金持ちになれる訳でもないし、宇宙飛行士になれる訳でもない。小学生に、いかに人がお金に振り回されているのかを教えないのも、宇宙飛行士になるような夢物語を教えるのも、日本語も覚束ないのに英語教育を導入するのもいかがなものか、と思う。そういう価値観はどうにかしてもらいたい。兎に角、ストレス解消には寝ることだ。だから、午睡した一日でした。

|

« 『認知症を生きるということ』 | トップページ | 変な話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/28407920

この記事へのトラックバック一覧です: 邯鄲の夢:

« 『認知症を生きるということ』 | トップページ | 変な話 »