« 介護の非 | トップページ | 認知症介護のあり方 »

2008年11月21日 (金)

老人介護の要諦

31850534  生活苦や障害や体力の衰えた人に、「あんまり長生きしたくはないわ」と嘆息されたら、どう返答したらいいのだろうか。何となく働いて生きている人もあろうし、特段そんなことを自問したこともない人は、いきなりこんな言辞を耳にしたら面食らうのではないだろうか。それとも、定額給付金を貰って使い終るまで生きてみたら、なんて冗談にも応えたらいいのだろうか(笑)。回答は、次回(もしくは次の機会)に披露してみたい。 

  ところで、この本の著者は、三好春樹氏と同じくPT(理学療法士)出身で、介護の世界ではカリスマ介護アドヴァイザー(士)として、夙に有名である。氏がPTから介護の世界に転身したのは、「病院は老人に向いていない」という理由からである。そして、介護についてのイメージを転換させながら、ある結論に達している。「やっぱり本当に一人ぼっちとなると、人は死んじゃうんです」と。内容については、氏のこのブログ記事が参考になるだろう。読んでいて、介護のプロとしての自負が感じ取れました。また、「施設に入るというのは(老人にとって)自己断念なんです」(p125)という一文は、「びっくり」でした。

|

« 介護の非 | トップページ | 認知症介護のあり方 »

介護・医療」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/25541604

この記事へのトラックバック一覧です: 老人介護の要諦:

« 介護の非 | トップページ | 認知症介護のあり方 »