« 紙芝居のおもしろさ | トップページ | 街頭紙芝居 »

2008年10月 8日 (水)

絶不調の日々

32087149 仕事の疲労が堆積して歯茎が腫れ上がり、不調の毎日である。歯科医院選びには毎回頭を悩ませる。無理をせず、早めに休んでいる。カネもねえし(泣笑)。家庭菜園もほったらかし。兎に角、体調を整えることに集中している。

 で、『いま哲学とはなにか』を読み進めている。筆者の専門である古代ギリシャ哲学などから照射した現在的回答の書である。古代ギリシャ哲学者を始め、ハイデガーやロールズを引用しながら、更に著者のキリスト教的素養に基づいて、著者の主張がコンパクトに纏められている。国家(権力)が肥大し、帝国主義間の利害の調整、金融資本の放縦を目の当たりにして、ましてや現在の(ドル暴落を伴うであろう)金融恐慌下において、著者の結論(理性による欲望の制御や戦争の原因=存在欲求の必然的結果説や宗教的境地への畏敬の念など)が有意味・有効なのかどうかは読者次第であろう。

|

« 紙芝居のおもしろさ | トップページ | 街頭紙芝居 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/24357308

この記事へのトラックバック一覧です: 絶不調の日々:

« 紙芝居のおもしろさ | トップページ | 街頭紙芝居 »