« ケニア人M君の思い出 その2 | トップページ | 絶不調の日々 »

2008年9月27日 (土)

紙芝居のおもしろさ

20080927164703  空を見上げると鱗雲。朝夕はめっきり寒くなりました。彼岸花やコスモスが、刈り上げた田圃の端に咲いていました。

 今日は、どういう訳か、紙芝居の第一人者である右手和子さんの公演実演会に出掛けました。興味があったのです。既に、息子は読み聞かせから卒業し、今となっては「お父さん、読んでぇ」という願いの声もなくなり、寂しくなりました。「ええ加減、(ポケモンの)ゲームはやめんかい」というイライラした日常になりました(泣笑)。紙芝居は日本独自の文化であり、1930年に街頭紙芝居が始まり(印刷紙芝居は1933年)、その起源は平安絵巻あるいは江戸期の、のぞきカラクリと言われているそうです。いつ、どこでも、だれでもできる大衆文芸・演芸です。テレビの影響で、街頭紙芝居は廃れましたが、この十年で紙芝居の面白さが見直されつつあります。当の私は、街頭紙芝居の体験者として、今、身近で少し実演しています。右手先生は、これからは、心を育てる紙芝居の方向性をも暗示しておられました。下読みすることの大切さ、期待させる間の取り方、登場人物の気持ちを大切に表現することなどの重要性を学びました。「おじいさんといぬ」も笑って泣きましたが、最後の「ねこはしる」の17分に亘る実演を視聴して、しんみりと感動いたしました。これからどれだけのことができるのだろうか、と秋空と山々を眺めながら、自転車を漕ぎつつ橋を渡りました。これこれも。

|

« ケニア人M君の思い出 その2 | トップページ | 絶不調の日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/24074168

この記事へのトラックバック一覧です: 紙芝居のおもしろさ:

« ケニア人M君の思い出 その2 | トップページ | 絶不調の日々 »