« 賃下げ反対! | トップページ | 洞爺湖サミットの性格 »

2008年6月30日 (月)

介護の社会化

32070819 「介護の社会化」もしくは「社会的介護」といわれて喧しい。老親扶養という伝統的な考え方や老老介護という現実からくる危機的状況(家族の負担)を、社会全体で支え合っていくという介護の考え方のことである。介護者の尊属殺人や高齢者虐待などの事件が跡を立たない。要介護者等の介護者の約75%は親族であり、介護者の年齢も60歳以上が約5割を占めている。いわゆる老老介護の現実があり、家族は身体的負担や精神的ストレス状態に打ちひしがれているのである。介護という言葉自体を反芻すれば、元々社会的介護の概念が内包しているとも言えるだろう。2000年にスタートした介護保険制度は、本来そうした理念を実現するものとして期待されたのだが、現実はどうなのか、を詳細に検証したのがこの本である。やや専門家向けに提示されているため、一般の読者に分かりづらいかも知れないが、介護の現場の声や制度の問題点(介護保険制度の理念と介護現場の乖離)を捉えるには手っ取り早い。いろいろと処方箋や政策提言(介護予防システム批判にも力点がある)しているが、より根本的には、介護の社会化の実現ということを念頭におけば、高齢者・障害者を支える制度的問題があると思われる。即ち、介護保険制度は健保や年金などに並ぶ社会保険制度であるが、介護とはそもそも社会福祉であるということである。このことは多少触れられてもいるが、忘れられていると思う。介護保険制度の中途半端性が問題なのである。これを論じることはいずれということで、さて置く。ところで、2006年にスタートした障害者自立支援法も、障害者の支援になっていないことを指摘しておきたい。また、年収格差状態にある(約4割は1年以内に離職、非正規雇用など)介護従事者の「善意」や「やりがい」に依存するあり方を続けるようであれば、介護現場は崩壊するのは目に見えている。介護は行政だけでなく、教育や地域や職場などの中で取り入れられ、関心の社会化を実現して一人ひとりの問題として受け止められる必要があるだろう。

|

« 賃下げ反対! | トップページ | 洞爺湖サミットの性格 »

介護・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527456/21982369

この記事へのトラックバック一覧です: 介護の社会化:

« 賃下げ反対! | トップページ | 洞爺湖サミットの性格 »