« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月28日 (金)

『在日』

31996814  「在日」の存在に始めて出会い、思い知らされたのは大阪に来てからのことである。指紋押捺拒否の闘いが高揚しつつある時代であった。大阪・東部(東大阪市や大阪市生野区など)を徘徊していると、パチンコ店や焼肉・キムチ店、「在日」を思わせる零細企業や家々の街並みを縫いながら、時折チマチョゴリの清々しい女子学生が通り過ぎる姿を目にしながら、そこはかとなく在日朝鮮人・韓国人の息遣いが感じられた。社会的差別の下で、マイノリティとしてひたむきに生きる人々に静かな感動を覚えたものである。しかし、残念なことに、彼ら・彼女らに接することはあっても友人として長く付き合うことができなかったことは、返す返すも残念なことであった。姜尚中氏のことは、やはりテレビから知ったことである。その語り口と表情から、「在日」の一切を背負った覚悟的印象を受けたものである。グローバル市場経済による貧富の格差が拡大している中で、我々日本人が「在日」について考えることは、日本人として来る時代をどう生きるべきかを模索する上で極めて重要な課題である。自分自身の問題なのである。日本政府や反動・右翼が結論として唱えるような、「嫌なら日本から出て行け」という剥き出しの狭い排他的ナショナリズムが目立ち始めている今、まさにこの自伝は自省の書として再確認できる。彼の在日一世への想いと固着は、日本人への告発ともなっている。「民族が殺し合う(朝鮮)戦争で甦ったのはどこの国なのだ」(p218)という怒りの問いに真摯に答えられる人は、そうはいないだろう。二年前、彼は靖国問題のNHK討論番組で上坂冬子をコテンパンにやっつけた当事者である。しかしながら、その当事者が日本人ではなく、「在日」であり、中国人であることを恥じなければならない。いろいろと批判もあるが、読んでいて「知的誠実」も感じられて嬉しくもなる。日本人必読の書であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

貧困ビジネス

32009710  貧困ビジネスの正体を明確に認識し始めたのは、一年程前のことである。この世界には、一日2ドル以下で生活する貧困層が50億人もいる。その一方で、オイルダラーを始めとする金余りの資金が、搾取先を求めて世界の金融市場を駆け巡っている。過剰資本は、今や貧困層をターゲットにしているのである。サブプライムローン問題を発端とするアメリカ経済の崩壊と世界経済の行き詰まりに対して、人々は漠然とした不信感と敵意を抱き始めつつある。この問題は、地球環境問題と同じぐらい、否、それ以上に切迫した危機であると同時に、民衆にとってはチャンスというべきかも知れない。この本は、帝国主義の頭目であるアメリカ社会に分け入って解剖する渾身のルポであり、「自由と民主主義の国」=アメリカという幻想を断ち切るものであり、評判と話題になっている。詳細な資料分析と徹底的な取材がなされていて説得力がある。著者のことは、友人から紹介されて読んだ『アメリカ弱者革命』以来、気には留めていたが、(5年、10年遅れの)日本社会の未来像を考える意味でも、タイムリーな本と言えよう。ハイエクやフリードマン(両者とも驚くことなかれ、ノーベル賞受賞者である。賞というものがいかに「しょうもない」か、ということをノーベル賞は端無くも示唆している)が構想した新自由主義、市場原理主義、グローバル市場経済、マネタリズム、コイズミ構造改革等々が、世界と日本の民衆を不幸のどん底に叩き込むものであることを、この新書は証明している。6000万のアメリカ人が一日7ドルで生活していることである。まさしく、アメリカという国は階級社会となっている。規制緩和・民営化・自己責任という掛け声・絶叫の中で、アメリカ国民が経済的に追い詰められている事態を前にして、著者はある結論を際立たせている。即ち、貧困ビジネスとは(国家による)戦争ビジネスである、と。この類いの本が次々と上梓されることに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

裸の王様

49100770703860090508  受賞第一作ということで、『あなたたちの恋愛は瀕死』を繰ってみた。小説なんて読んだのは、ホントに久しぶりだ。「主語がない」のではなく、主語が確かにあって、それらが錯綜していて意味不明。論理とプロットの飛躍があって意味不明。私的な感覚の拘泥は、分かるけど分からない。本格派の新人登場という評価である。分からない。興味もない。それよりも、中島義道氏の小林秀雄論の方が興味が持てた。小林に対する嫌悪感が同じである。太宰治が志賀直哉に嫌悪感を感じたのも同じである。ひとが、司馬遼太郎の小説に夢中になるのも分からない。いや、分かる。彼らには共通点がある。①(皮肉な意味で)偉大なる常識人である、②したがって、共感を求めない、③人間としての、ある根本資質に欠ける、④だから、尊大である、など、ある者にとっては、嫌悪感を覚え、「他者」としてか映らない。文学者はもっと物議を醸し出すべきである。

 啓蟄という日である。日差しが温かくなり、小鳥達が降りてきて口を啄ばむ。胎動を覚えた一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

見えてくるもの

32024079  将来の理想はこういう所にあるのかも知れない。まだ、結論は分からない。否、分かっているが、こういう所にしか夢を見れないのが現状なのだろうか。十年、十五年後の日本の実情を予見できる人は少ない。しかしながら、それはかなり確実性をもって予見できるのではないだろうか。できない、もしくは予見を怖れているのではないだろうか。継承もされない農業技術、グローバル経済の中に叩き込まれて身動きも取れない中小商工業者、持分に囚われている労働者が蔓延する中で、寡聞の実証で本質を見過ごされている現実を前にして、逡巡する者は愚か者で異端なのだろうか。ネットで検索すると、現実も知らぬ国家主義的な右翼的言説が飛び交っているが、笑止千万である。「人と豊かになる地域とは、人と人との関係性と自然が豊かで、生業が根づいているところだ」(p195)とある。この十年、十五年は、危機であると同時に、ほんの僅かな者にとってチャンスでもあることに期待を持ちたい。少なくとも、観念的な言説には惑わされないことを望みたい。これは、われわれの周囲には余りにも多すぎるからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »