2019年8月21日 (水)

監視と蠢動

33946874 信州とあらば、お盆を過ぎると漸く涼しくなるのが例年である。今年は梅雨が長引き、その後酷暑がしばし続いたが、お盆を過ぎると雨模様である。ちょうど川中島平は桃の収穫期にあたり、「白鳳」「あかつき」「なつっこ」に続き、これから「川中島白桃」の摘果・選別・出荷の最盛期に向かいつつある。九月となれば葡萄の収穫となり、果樹栽培農家は大忙しの時期である。白桃の収穫は、このところの天候不順で色づきが遅れ、少し遅延しているようである。それでも今年は、雹や霰の被害が比較して少ないのが救いである。何としても果樹栽培に挑戦したいものである。
 それはともかく、こんな新書を読んでみた。日本国内では、内調と公安警察と公安調査庁の三大スパイ組織が暗闘しているというのである(今井良)。ほとんどの国民は知らない事実であろう(それら以外にも、防衛庁内にもあるだろうし、更に米国CIA要員が100人近く暗躍しているそうである。『赤旗』1996年4月記事より)。テレビを瞥見すると、道理でそれらの関係者と思われるコメンテーターや芸人や政治屋や大学教授やマスコミ関係者などをどっさりと窺われ、反吐が出るほどである。いつの間にか蛆虫のように涌いて画面を占有しているのである。いやはや国民を扇動するために大層なことである。しかしながら、それらの組織は税金で賄われ、予算獲得のためにライバル争いをして、且、湯水のように浪費されているは到底看過できないことである。そのうちの一つである内閣調査室(内調・現在の内閣情報調査室)とは、首相直属の情報機関である。その幹部だった人物の日誌であり、暴露本として刊行されたものである。内調の目的は、日本を「親米反共」国家にするため(p5)である。目を通してみて特段驚くことはない。あいつもこいつも日本文化会議の連中で、やっぱりな、と得心するばかりである(これが後に日本会議へと発展解消されたようである)。記録によると、林健太郎には「学者としての業績は余り多くはない」、田中美知太郎には「ヒモ付きと言われるのを恐れているのみ」と評価されていて、札付きの右翼文化人・学者の意地汚さを知るうえで、読み物としてはおもしろいと言えるだろう。いずれにせよ、現在の国政においても、その後身の組織が牛耳っている有り様は、異様としか思えないだろう。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

8.6広島原爆の日に

2019080418230001  「8.6」と言えば、広島原爆の日とすぐに脳裏に浮かぶ。まだ、そんなことが当たり前の時代に育ったのだが、今ではただの年中行事の一つに化してしまっているのではないか。この国の首相の式典挨拶を聞けば分かるというものである。核廃絶へと一ミリも進まないのに何が「橋渡し」か。参院選の結果でも、改憲なぞ何の政治議題になっていないということが明示されたにも拘らず(8割る2の高々4%)、それを強行しようという一群の策謀は許されないことである。一昨朝の信毎一面では、(民事)憲法裁判記録が86%廃棄されていることが報道されている(これも)。公的資料を廃棄する日本人のあり様は、県内では、敗戦時の長野県庁資料消却、長野オリンピックでも帳簿消却が夙に有名である。森友・加計疑惑でも、関係閣僚や官僚による記録を廃棄した、もしくは嘘の口裏合わせが行われたことはついこの間のことである。カネで買われた2020年の東京オリンピックもまた然りである。広島・長崎の経験は、被害者であると共に加害者でもあり、日本人の中で幾世にも伝えなければならないものである。
 大学時代に長崎から入学した後輩がいたのだが、彼の姉の夫が原水禁の事務局長とのことで、そのつてで原水禁でアルバイトをしたことがあった。広島と長崎は初めての訪問であった。長崎の大会を終えると解散になったので、しばらくは同じく廃寮化攻撃にある長崎大学の学寮に寝泊まりして長崎見物などをしながら核問題に思慮したものである。また、その時に食した長崎駅前と町場の食堂でのチャンポンの美味しさは今でも忘れられない。のちに、大阪にてチャンポンのチェーン店で口にすることがあったが、全く別物であって落胆したものである。広島での思い出は、アルバイトに明け暮れて余りないのだが、大阪でひっそりと生活する被爆者を通じて怒りを覚えたものである。その人は恐らく被爆二世の人で、結婚することもなく独身で、大阪によくある文化住宅の二階で息を潜めていたのである。また、被爆が遠因と思われる生活苦などの理由で、両親が離婚して苦しんでいる広島出身の女性にも出会いもしたのである。核爆弾=原発であり、庶民の生活と命を奪う一切の施政者の策動を決して許してはならないのである。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

画一化の歴史

31766439   この本は、実をいうと二読目である。出版が2006年であるから タイトルは、正確に言えば、『113年前の家庭生活』である。要するに、対象は「明治三十年代の家庭史」(p8)である。明治45年(大正元年)生まれの者が生存しているならば、107歳であるから、ほぼ現存している人はいない時代を取り扱っている。大凡、日清戦争から日露戦争までの明治末期時代の話であり、日本の産業革命が確立しようとする時期と照応するのである。明治維新より30年余りになり、人口は1900年(明治33年)に4400万に推計されている(p189)。しかしながら、約8割の日本人は地方に定住しており、日本の基幹産業は農林漁業だったのである。交通機関が発達して農民が都市への流入し始め、軍隊への入隊という経験もまた農村部を刺激したのだが、社会全体としては、階級格差が相当激しく、庶民は貧困に喘いでいたのである。それは都市住民(細民)もまた例外ではなく、横山源之助は『日本之下層社会』(1898年)で詳論している。また、脚気と結核、赤痢と腸チフスなどの病気で、命を失う者も少なくなかったのである。注目したのは、第七章を記述した佐藤裕紀子氏の言及である。「つまり、明治三十年代は、生活の学校化と学校生活の定型化という、子どもたちの生活における二重の意味での画一化をともないながら、今日における子どもたちの生活の基礎が形成され始めた時期であるということである」という指摘である(p226)。想い起せば、1960年代前半の地方での生活は、ほぼこの明治後半の時代の延長線上にあったと思われるのである。小学校では板塀の校舎であり、廊下は走ると時折抜け落ちたり、ひび割れたガラス窓であったし、農作業はその時代に毛が生えた程度で、似たような手作業に追われていたのであり、養蚕業も終息期であったのである。ほとんど変化していなかったのである。そして、60年ほど前の時代が、実は、その土台が江戸時代に規定され、生活が明治の教育制度によって少しづつ改変されてきただけの歴史だったのではないかと、しみじみと思われるのである。

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

不安と競争の時代

33806161_2019070815390133806161_2019070815390133806161_20190708153901 33806161   大正期生まれの父は、働き詰めのために早逝してしまったのだが、他方で進取の気概もあって、村では珍しく、いの一番にオートバイ(カブ)を買い込み、その前輪カバーには、「殖産興業」と書いて乗り回していた。「富国強兵」と共に、そのスローガンは明治時代を象徴するものであったが、父がどういう思いでそれを書いたのか不明であるが、明治時代の雰囲気と影響を如実に受けていた証左であろう。
 この本では、明治の社会は、とても生きづらく、不安と競争の時代であることが論証されている。昨年は明治開始以来150年ということもあって、一部の明治礼賛者は色めき立っていたのだが、歴史の大枠で言えば、クーデターによって成立した、支配階級内部の権力闘争に過ぎないのであって、その結果は1945年の敗戦に集約されたのである。要するに、敗北して失敗したのである。著者の指摘していることは、不安と競争の中を生きた明治の人びとは、通俗道徳の罠に嵌ってしまっていたということである(pⅸ、74、76、144)。通俗道徳の概念は、恐らく安丸良夫によって提起されたものであろうが、「よく働き、倹約して、貯蓄さえすれば、人間は必ず成功する」という信念である。しかしながらそれは、「成功」する者など、ごく一部なのであって、この間違った信念は必ず弱者や貧困層に自己責任を強要するものとなって、1980年代から浸潤した新自由主義によって、国民の資産を解体・簒奪して一部の支配層に富が集中して貧富の差が拡大しているばかりでなく、社会に分裂・崩壊化と世襲化をもたらしているのである。それは、明治時代にあっては「立身出世」という言葉に象徴されていたのである。しかしながら、ことはそれだけではない。この本の範囲を超えた問題もあるのである。即ち、天皇制イデオロギーである。通俗的観念を流通させるためには、その紐帯が必要不可欠なのは言うまでもない。この間の改元とその行事、さらに天皇家への関心の集中は、公文書や役所の書類(戸籍・住民票・健康保険・雇用保険・年金など)に国民に周知されるものとなっている。令和という元号によって、国民は歴史の中で繰り返し自分自身を規定してゆく現実に晒されて、刷り込まれてゆくのである。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

話半分

33682832thumb4  農事に忙しいこともあるが、外交の失敗や経済の破滅など、どう考慮しても失政の誹りを免れない令和の時代であって、終活の年齢もあって、ブログ更新の意欲を失せているのである。政権支持率は、調査に応じない無関心層が半分、反感を覚えているのが残りの半分なのであって(以上調査に応じない層)、自公・維新(政権)の支持率は3割弱なのであって、調査に応じた者の「ほかに支持する政治家が見当たらない」という第一の理由は、本来、世の中にあって交換不可能なことはないのであるから、その調査はまがいものなのである。嘘に嘘を重ねる砂上の連立政権なのである。テレビや新聞などのマスコミは、本来の使命を忘れて時の政権を忖度するばかりで、裁判所や国会(国権の最高機関)もまた国民の敵となっているのである。テレビは、クイズやグルメ番組ばかりであり、ドラマも警察サスペンスや医療ものや恋愛ドラマばかりであり、首都圏は異様な人間に占有されている様である。大阪しても、維新が跋扈して浪速の文化は滅亡したのである。吉〇は笑えない。ジャニ〇ズは鬱陶しい。NHKは国策放送。このまま、どんどん破滅してもらいたい。どうか政権が長続きしますように。嘘で糊塗された時代や社会が長続きしますように。巧言令色鮮し仁、この時代に相応しい元号である。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

止まらない地方崩壊

M000051_k00003250_1024768 『農山村は消滅しない』という著書の問題性は、実は、農山村の実情調査の不足だけではなく、都市の問題なのであるということを忘れていることに尽きるのである。農山村や地方の窮状は都市の「繁栄」の結果であり、むしろ都市は地方の犠牲の上に成立しているのである。したがって、根本的には地方分権が推進されるべきなのであるが、自公政権では先祖返りしており、中央政治がいつまでも跋扈しているのである。だから、結論は明確なのであり、これを実行するか否かである。現・長野県知事は、典型的な役人・官僚であり、何も期待できないのであるが、今度の地方選挙では、県議会の自民会派が単独過半数となり、愈々長野県の未来は暗澹たるものである。以前、経歴も面目も自民党支持者と思われる人物と会話する機会があったが、きちんと反論すると、押し黙って無視する姿に呆れたことがある。仲間内では懇ろなのであろうが、公開の議論では逃避する醜悪に怒りを覚えたものである。
 結婚記念日に、夫婦で「上田城千本桜まつり」に出向いた。上田城は、徳川の大軍を二度も撃退したお城であり、大坂の陣では先陣で徳川方を震撼させた真田家のお城である。信州の地侍や国人は、中央の武士や国司を排撃してきた歴史があるが、そのこと(武士の時代)には余り関心がないのであるが、一度はその概容を見てみるかなと思い、連れ合いを誘ったのである。それには腹ごしらえ(人気のグルメである。笑)である。信州そばとして著名な「刀屋」へと足を向けたのである。初めての試食だったが、腰が強く確かにうまい。蕎麦を食らう、というのが的確である。江戸時代、信州人は江戸へと冬季に出稼ぎに出かけたのだが、「初雪やこれから江戸に食いに出る」という川柳にあるように、江戸っ子は信濃者を大飯を喰う田舎者の典型と罵ったのである。県外ナンバーの車が多く、刀屋の待ち時間に、東京から来た六人組の高齢者の集団と並んだが、向こうから声をかけてきた。「草笛」とここを足繁く通い詰めているようで、久しぶりに東京の話題を耳するが、全く関心がない。東京なんてどうでもよい。田舎蕎麦がやはりいいのである。盛りもいいのだが、天ぷらが旨い。クルミだれでも味わうべきである。上田城であるが、桜が散り始めであり、観光客も大勢いた。燕も飛来して歓迎してくれていた。櫓門にも登上して崖下を見学し、市立博物館にも拝観したのである。連れ合いはどうにも興味がなく足早であったが、しばし想像逞しくその時代を感得できたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

愚劣なアマゾンレビュー

33190087 刊行して5年弱の岩波新書である。他にも色々と読み散らしているのだが、この新書をひとまず取り上げたい。「増田レポート」の存在を知っているだろうか。レポートの作者は建設官僚というが、元々は警察官僚上がりである。小沢一郎の知己があったが、「改革派知事」となって反小沢に転身し、岩手県知事としての実績がない。第一次安倍内閣の閣僚(地方創成担当大臣)に起用され、東京都知事選にも立候補して落選している。原子力委員会のメンバーにもなり、日本創成会議の座長にもなり、郵政民営化や東京電力や野村総研の委員や取締役や顧問にもなって、全く締まりのない官僚上がりの政治家である。地方創成を語りながら都知事立候補するなど、何をやっているのか、出鱈目極まりない官僚政治家である。その「増田レポート」は、少子化対策と地方再生を謳っているのだが、その気概もなく、都市出身の政治家としての本性をあらわにしているだけの体たらくである。で、『農山村は消滅しない』という小田切の著書は、増田レポートへの本格的なアンチテーゼなのである。
 ところが、その著作本に、細田某がアマゾンのカスタマーレビューを寄せている。これがまあ、ケッサクである。傲慢にも、「私は農村振興に関わっており」、おれの批判に反論しろというものである。おまけに、「(学者に過ぎないお前が)、まるで自身は(1400万の所得という)安全なところにいながら、田園回帰と地域づくりを美化する事で若者に、地域住民に、無理難題を押し付けている」と、全く論点と異なる問題で難詰しているのである。「現実逃避」、「机上の空論」、「財源論」を持ち出して批判しているが、こんな所が、いかにもエセ官僚や政治屋の言い分と推察される。仮に、「細田ひろゆき」が「細田博之」ならば、以上のような批判にならない批判が彼と照合する可能性が大である(それも、一回のみのアマゾンレビューである)。財源論を持ち出すところにも、己の経歴の愚劣さが顕著である。T大の愚か者は、どこまで行っても愚か者である証拠である(次回、『消滅しない』本の内容に立ち入りたい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

東洋大学当局を弾劾する!

250pxtoyouniv 東洋大学で、一学生による批判の立看とビラに対して、当局が退学勧告する事件が生起していたことを、このブログで知って怒り心頭を覚えた(このブログの筆者の「一流」意識には辟易するが)。『学生ハンドブック』によれば、許可制ということであるが、それが言論の自由を封じるのは明らかである。大学とは、元々、universitasであって、権力の介入を阻止する団体なのであり、歴史的に、これは学生による自主的な校則から始まったのである。大学当局の校則は、学生を縛る校則なのであって、錯誤も甚だしい。私は東洋大学が好きである。大学受験期には、ラジオ講座では金岡照光先生のお世話になったこともあり、モグリの学生として茂手木先生や量先生に親炙して、白山キャンパスに通い詰めたこともある。東洋大学が東京大学のSitz(ジッツ)の有力な一つであるのは気に入らないことではあるが、あろうことか、大学当局は立ち上がった優秀な学生を威嚇したとのことである。ましてや、規制緩和によって非正規労働者を大量に生み出して、労働者からピンハネする経営者となっている竹中平蔵を、大学当局が教授として招聘するという暴挙を行っているのである。学生の批判は至当である。学生と教職員は、教授を学内から追放するべきなのである。この大学はどうなっているのか。失望したことである。むしろ、このような学生を輩出できたことを誇りとすべきなのである。T大やK大など、並み居る腐れ大学よりもスゴイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

本来の元旦

Dscn0371 鬼無里(村)から白馬に抜ける白沢峠からの絶景を時々想い起す。もう一度訪ねてみたい衝動に駆られる。しかしながら、貧乏な生活ではガソリン代という経費がその衝動を止めてしまう。眼下に鹿島槍ヶ岳、五竜岳から白馬三山へと続く雪の北アルプスを眺望する佇まいには、その荘厳さを人に抱かしめるだろう。という訳で、たまさか『鬼無里村誌』を手にしたので一読してみた。大変立派な村誌である。村の自然・歴史・民俗が精細に記述されている。長野県には、教員を中心に郷土史家が多く散在している。数多(あまた)の図書館、博物館、美術館があり、社会教育資本が充実している。こんな山奥の鬼無里という村を記録に留めるという難業に挑戦する郷土史家の胆力には恐れ入ってしまうのである。
 謹賀新年。昨年に書き留めておいた記事に追記しての初投稿である。年末年始はお年取りと元旦を午睡と読書で過ごしている。紅白や急増する正月お笑いテレビ番組は視聴しない。このような番組を提供するディレクターは、首都圏出身の「有名」私大出身が多い。政治や経済や文化を牛耳り、めざましく劣悪化している慶大出身者どもには辟易する(東大は落ち目である)。どんどん日本が壊れた方がいいのである。という訳で、めでたくもないのであるが、相も変わらず、『宮本常一が撮った昭和の情景』(下巻)を分析していたのである。①1965年、戦後25年経過した頃(いざなぎ景気)、日本社会の風俗が変転したのである。江戸や明治の時代から続いていた社会は、茅葺屋根から瓦屋根が普及して、縁側の意義が消失し始めたのである。牧歌的な農村風景が変化し、洋装が普及し出して、三種の神器である冷蔵庫・洗濯機・テレビ(白黒)が地方にも浸透し始めたのである。②1970年前半、瓦屋根が一般に普及して茅葺屋根は消失する。住宅の密閉化が進捗し、道路網が整備され、生活に余裕が生まれる、という二点が、宮本が撮った様々な写真から読み取れるのではないか。写り込んだ写真を丁寧に読み取っていると、宮本民俗学の重要な一面が感得されたのである。今日一日は、初詣(明治以降の風習)もせず、寝正月かつ読書の元旦であったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

日本人の破壊性

32260807 小春日和の今日、著作集第三巻を読了する。東北と北海道は積雪で大変らしい。厳しい冬の生活は、どちらかというと、記録されることが少ない。それだけに、正月や春の訪れに対する思いは切実である。ために、若者が都会に出てしまうのは、ある意味では当然なことかもしれない。北信州では、お葉漬け(野沢菜漬け)の時期であるが、50年前までの冬の風物詩は廃れて、スーパーでの購入になって、各家々での作業風景はほとんど見られなくなっている。しかしながら、野沢菜を漬けること自体がお年取り・正月の準備であり、そのものだったのである。敷衍すれば、9月に野沢菜の播種からお年取り・正月の準備が始まっていたのである。よく誤解されているのが、大晦日の料理=おせち料理である。お年取りでは、黒豆も数の子も栗きんとんも昆布巻きも出てこない(筈)である。生家では、焼き鮭、里芋煮、鯉こく、なます、酢だこ、茶碗蒸し、お煮かけなどの料理が炬燵大の朱塗り広蓋の中に広げられていたのである。これのどこがおせち料理なのであろうか。当地では、お年取りがメインの行事であって、おせち料理を食する習慣はなかったのである。元旦は「寝正月」で雑煮を食べ、二日から挨拶回りや仕事始めとなるのである。今様のように、「元旦早々から初詣などといって社寺へまいる客のふえたのは、年夜のまつりがうすれて来たことに大きな原因があるようで・・・昔は正月のにぎわいは二日が中心であった」(p275~276)のである。キリスト教徒でもない日本人がクリスマスを祝うという倒錯は、バブル期の80年代に始まったのであるが、経済至上主義と新しい所有観念は、正月の様相もクリスマスの有り様も変えてしまったのである。日本人は伝統を重んじていると自慢しているが、「実際には自分たちの生活の中できずきあげてきた有形(無形の)文化をのこそうとしなかった」(p69)のであり、その現象は、生活誌や建造物など身の回りには多くの破壊されたものが検証されるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«都市の愚劣